粉引耳杯 藁灰釉碗 鎬小湯呑

>最近のブログエントリー

feed

個展 終了しました。

個展 終了しました。

京都 川口美術さんでの個展を無事におえました。 ものを通して人の心を知り、古い物をみて作者の心を観、人のためだから頑張れるんですよ、いろんな場面や笑顔を思い起こしながら・・・・・また来年に向けて頑張ります! ご来場ありがとうございました。 …

個展 開催中です

個展 開催中です

会期の前日の夜まで仕覆作りが続く、、、 今回も曲わっぱ、御幸篭、インド更紗の仕覆、愉しい組み合わせになったと思います。 片口の中にぐい呑2つが入り、桐の曲げわっぱに収まります。 2016年9月21(水) ~ 9月25日(日) 11:00a…

伊藤 明美 陶展

伊藤 明美 陶展

あと1か月。川口美術さんでの3度目の個展。今日は早朝5時に起き、良い層の土を探し少しだけ取ってくる。 御本井戸茶碗 象嵌雲鶴文筒形小服碗 染付茶巾筒写真/田中 幹人 2016年9月21(水) ~ 9月25日(日) 11:00am ~ 6:…

自作の唐津茶碗

自作の唐津茶碗

数日前お客様が来られ、普段使ってる湯呑をみられ、中古のほうがよいと言ってお求めになられた。 この茶碗(リンク先の画像左側)は使い始めて2年目ぐらいだろうか、いつか出世してしてくれたらいいなぁ・・・と密かに思う。 この唐津茶碗も使用前は印象薄…

瀬戸の盃

瀬戸の盃

先日、瀬戸の盃を入手する。この頃手放した瀬戸生まれの「豆吉」を思い出すが、使っていただける人のところに行ったのでよかったと、未練を残さずあきらめをつける。 この盃は、陶芸教室の帰りによく立ち寄る古美術店の棚に好い感じで置かれおり、その横に記…

↑