うつわやブログ

  • /

August 15, 2006 10:51 PM

お盆なので炭坑節でも

以前CDショップの閉店セールで
山本作兵衛さんの絵につられて つい購入してしまいました。

tankoubusi.jpg

香春岳から見下ろせば~炭坑節の源流~

この炭坑節の源流~CDの解説によりますと
元は炭坑で働く人達の労働唄で、それが宴席に持ち込まれ、やがて三味線の伴奏がつき、
洗練されつつ座敷唄として歌われるようになったものである
大正から昭和初期にかけて、筑豊の炭坑主たちが博多・小倉などの料亭で豪遊したこともあって、宴席では欠かせぬ唄となり、やがてラジオを全国にもしられるようになった。
と書かれておりました。
今では盆踊りの時に必ず耳にしますね。♪月が出た出た~つきが~でた。。。

しかし元唄の歌詞は強烈でした。

選炭唄

炭が出た出た炭が出た
そこで選炭婦が苦労する
棹取(さおど)りゃ桟橋で はちをとり
ウロウロするのはお役人
サノヨイヨイ

あなた三井のお役人
わたしゃ賤しい選炭婦
なんぼあなたに惚れたとて
よもや女房にゃなさるまい
サノヨイヨイ

わたしを見捨てて他に花が
咲くと思うか義理知らず
たとえ他に花咲いたとて
わたしの恨みで皆殺し
サノヨイヨイ


*このCDには現時点ではふさわしくない表現箇所がありますが、オリジナル表現を尊重し。。。
一部お聴きぐるしい箇所があります。ご了承ください。
と注意書きがあり、歌詞からは当時の過酷な生活がうかがえるアルバムでした。
唄は音量下げないと聴けない曲アリマス。

Trackback (0)

Trackback URL: http://www.utuwa-ya.jp/mt/mt-tb.cgi/2491

Comments (4)

80年代前半ぐらいでしょうか、まだ山本作兵衛さんがご健在の頃、天神3丁目にあったギャラリーで、作兵衛さんの絵を拝見したことがあります。
作兵衛さんも会場にいらっしゃって、一升瓶から冷酒を湯飲みに注いで飲んでいました。きっと晴れがましい場が、恥ずかしかったんでしょうね。

えっえぇ。そのような事があったのですね。
それを目撃しているwadaさんもすごいです~ちょっと羨ましい
そんなシャイな作兵衛さんに私もおめにかかりたかったです。

作兵衛さんの絵って一見下品な素人絵に見えますけど、
よく観ると人の筋肉の線などとてもリアルで
当時の様子が目に浮かぶような細かな書き込みもけっこう好きです。

作兵衛さんの絵って、小学生が使うような画材で描かれていますが、描かずにはいられないっていう姿勢で貫かれていて、私もそのような絵を目指しています、はい。

いや~いがいや以外です。wadaさんが目指していたとは
ひょんな事からこのようなお話聞けておもしろいですね。

Post a Comment

カテゴリ
最近のブログ記事
アーカイブ

↑