うつわやブログ

  • /

October 20, 2006 7:01 PM

信じられない出来事

ちょっと前の話なのですが、眼を疑うような信じられない出来事がありました。
展示会の準備が続く忙しい時に、お世話になっている方から
骨董の売却を頼まれたのです。

いくら忙しくても、もしかしてその売却するものの中によいものがあるのではないかと思うと、心落ち着かず。お世話になってる方も急ぎでしたので、直ぐにお会いし7,8点の品物をお預かりする事になりました。

お預かりしたものの中に、形と発色、釉薬の流れ、
すべてにおいてバランスのよい李朝飴釉徳利があり、
李朝や古備前を多く扱う信用のある古美術店からの購入したものでしたので
何の疑いももたず持ち帰りましたが...

なんだか高台の土色が2層に分かれているような?と気になり始め
李朝飴釉徳利で高台が碁笥(ごけ)底で土みせがあるのって、あったの?
と、思い始めるとますます疑問は膨らみ
徳利の中の臭いを嗅いでみると

クレパス?油絵の具?ような臭い!
えっ!?なに?これ? 

取り合えず洗ってみようと しばらく水につけて放置。
かなり汚れがでて水が濁る。

そしてタワシでちょっと擦ると
なんと、高台の土色がはげて、下からは素焼きのような色がでてくるではないですか!
おまけに釉薬の黒い部分も色落ちしてくるし

これは最悪~!

どこまで落ちるか試したい好奇心もありましたが、返品できなくては困るので途中でヤメにして
理由を話し、即座に持ち主に返品しました。

あの信用のある古美術店がこれを?
売っていたとは信じ難いものでした。
こんな事もあるのですね。

人の眼をたよりにする事に危険を感じ、自分の眼で見極めようと
出川 直樹 著 古陶磁 真贋鑑定と鑑賞 買いました(-.-;)

参考までに

古く見せようと時代付けされた土ものは
水につけて放置すると貫入の中から汚れがでて真っ黒く水が濁ってきます。
水をきれいな水と何度も入れ替えてあげるか、一週間ぐらい水にさらしてやると少しずつ汚れが取れてきます。

よいものでも変な古色が付いたものは、時代を取らずに適度に汚れが取れる
この方法がよいかと思います。

Trackback (0)

Trackback URL: http://www.utuwa-ya.jp/mt/mt-tb.cgi/2154

Comments (4)

出川さん、おいらの師匠?の友だちなんです。

何度かお会いしたことがあります^^。

えっ('O')そーなのですね。
実際お会いして、お話聞けたらいいでしょうね。羨ましい~

まだ一部簡単に見ただけですけど、「蒐集の心構え」は、なるほどと思えますし
「贋作の世界」もすごいものがあるのに驚かされました^^;
とてもおもしろい本ですよ。

ちゃんとしたお店にも怪しい物、黒やグレーの物は沢山有りますね。
それは、骨董業界にお金が絡んでいるので仕方ないと思っています。

私のような趣味人で無く、商売や仕事で商品を扱うプロなので仕方が無い事だと思っています。
自分の生活の為の仕事に当て嵌めて見ても、全て白の仕事かというとそうも行かないのが現状だと分かっています。(心は白く有りたいと思っていますが・・・。)

出川さんの著書、一時期私も読み漁りました。
なかなか為になり、とても楽しく読む事が出来ました。
しかし、贋作のレベルは生産度外視の素晴らしい物も有るので、侮れないですね。

私はいつも欲目やブランドに目が曇ると必ず手元にやってくるので、そういう時は素直な目を失っているのだと、自分を戒めています。

本心実は贋作でも、現代の模倣作でも良いと思っています。
それが己の心眼で良いと思う物で、長く手元に置き飽きず、違和感無い品であればそれは素晴らしい品だと信じています。

究極は、品を見た短い時間、瞬時に自分の手元に置いた姿をイメージできれば最高なのですが・・。

今回のお話、骨董雑誌のお話のようで為になりました。
やはり時代付けされた物や、小汚いものは要注意ですね、基本的に古い=蔵出し(汚い)のではなくて、古い=大切にされている(綺麗)だと思っています。
素人の戯言なので笑ってくださいね(^^)。

bin_sukiさんも出川さんの著書 読まれましたか
この本にも「ブランドに惑わされず、その尻馬にも乗らず、あくまで自分なりの眼でものを見出すことが大切であろう。.....自分の殻に閉じこもれというわけででなく、飽くなき研究心と外界に広く開放された心のなかでの自分の目である。」とありましたね。

私も、贋作 現代の模倣作のすべてが悪いという訳では無く
なかには良いものもあるのではないかと思います。
しかし、値段とモノが合えばですけど
以前、知人が とてもよい斑の立ぐい呑 を古作と思って、
ある作陶家にみせたところ「これは私の作ったものです。」と言われ
ショックを受けた事がありました。
このような場合、骨董屋さんが時代付けして値段が高くなったものより、
その作陶家の新作を買って愉しむのが一番かと思います。価格も手頃ですし^^;。
自分で使って育てていく楽しみもありますね。 (^.^) 

私もまだまだ初心者、分からない事も多くありますが、宜しくお願いします。

Post a Comment

カテゴリ
最近のブログ記事
アーカイブ

↑