うつわやブログ

  • /

December 24, 2006 7:30 PM

紙縒り膳の収集!

「李朝の膳」を読んでて思い出しました。

以前、あるお宅にお伺いした時に

「これ↓ホカス(捨てる)けど、いらへん?」と問われ、驚きました。

zen1.jpg
李朝膳
直径 40cm 高さ 21cm

その方は、ダダで貰うと私が気を遣うのではないかとの心配りから
そう言って下さったのかと思い
一応「これ、捨てるもんじゃないですよ~売るとしたら高い値段つきますよ」と言ってみましたが「いらへんか?汚いからなぁ~ほかすでぇ~」と

これは捨てられては大変!
紙縒り(こより)で作られた貴重な膳、現在作ろうと思っても絶対できるものではないです。
もちろん大喜びで頂いて帰りました。

たまに、こーゆうこともあります。

zen2.jpg

李朝膳 裏側

いったいどれくらいの紙縒りが使われたのか、
角には芯のようなものがありビッシリと頑丈に編まれています。

zen3.jpg

少し形が違いますが「朝鮮民芸論集(李朝の膳)」に「かんじんよりを編み漆で固めた八隅盤。子供の初誕生の祝いに使用されトルサンとも呼ばれる」と紹介されていました。



浅川 巧, 高崎 宗司 / 岩波書店
Amazonランキング:262171位
Amazonおすすめ度:


二度と、こーゆうことは無いと思いますが、念のため

もし、大掃除などでこのようなもの捨てる時は
是非ご一報下さい!

Trackback (0)

Trackback URL: http://www.utuwa-ya.jp/mt/mt-tb.cgi/2536

Comments (4)

このタイプは、一度「おおいし」さんでも見たことがありますけど、○○万ぐらいしました。いいですね~。
紙縒りの丸盆でも○万ぐらいしますよ。

そーでしょうね。 wadaさん、参考になりましたよ~ありがとうございます。
現在でも手作業でこれだけのもの作ったら、ものすごい金額になりそうですよ。

時間ができたら色のはげた部分だけ漆でメンテナンスしようかな。

凄いお盆をお持ちですね。
なかなか見られない逸品を拝見させて頂きありがとうございます。
お気に入りの酒器を載せて晩酌などしたら
さぞ良い雰囲気でしょうね(^^)。

ほとんど拾いモノ状態でお恥ずかしいです・・・
晩酌なんてできたら、さぞかし楽しい事でしょうが
私、下戸(全く呑めません)^^;。
でも最近、器を使いたいが為に呑んでみようかと思ったりしますw。

Post a Comment

カテゴリ
最近のブログ記事
アーカイブ

↑