うつわやブログ

  • /

December 6, 2007 8:41 PM

初めての骨董屋さん

何年か前に「集」という骨董誌をみてましたら
古唐津を扱う店が掲載されており、場所はウチから車で40分程度の距離。

muji12.5cm11.jpg

無地唐津 市ノ瀬高麗神窯かなぁ~
口径 12.5cm 高さ3.8cm

もちろんお伺いしました!

展示室に入って最初に目に付いたのは、積み上げられた唐津の小皿(15枚ぐらい)
「こちらを拝見させていただきたいのですが、よろしいですか?」とお聞きしたところ
「はい、いいですよ」と快く鍵を開けて出して下さいました。
そして「まぁ~珍しいですね、女性なのにこんなのが好きなんですか?^^」と。
(一般的に女性が好むものは、色絵のものとか、伊万里、京焼きなどなのでしょうか・・・?)
お話をしていくうちに、女性の店主も唐津好きのようです!
こちらのご主人は方々の骨董市に出かけ、お店の方は奥様がされているようです。

それからはお菓子とお茶をごちそうになり、色々なお話と共にお道具を拝見させて頂きました。

そうなると、せっかくなので帰り際になにか一つ、と思って買ってしまうのが小皿です。

このようにして着実に小皿は増えていきます^^

muji12.5cm12.jpg

梨地漆修理
目跡にも丁寧に漆が塗られています
(↑目跡漆は初めて見ましたw)

この修理にかかった手間、暇を考えれば
繕った小皿って手頃な感じがします。多分修理代ぐらいの価格じゃないでしょうか・・・

muji12.5cm13.jpg

この削り方とこの土は
多分、市ノ瀬古窯ですよね

気付いたのですが・・・
唐津好きの方とお会いすると、必ずと言っていいほど
「珍しいですね、女性なのに・・・」と言われます。(99%)
以前から、中身がややおじさんぽい兆しはあったのですが
このところ仕事での肉体労働と骨董遊びで
完全にオジサン化しているような気がします!

Trackback (0)

Trackback URL: http://www.utuwa-ya.jp/mt/mt-tb.cgi/2303

Comments (12)
ちゃちゃ ( December 6, 2007 9:42 PM ) 返信

この小皿も、一つ前の小皿も、特に高台が良いですね。茶碗の高台に近い、しっかりした感じがします。小皿の多くは、裏返すとがっかりするような高台が多いのですが、この2枚は、裏も表も楽しめますね。それに加え、カセが無いのも、使い勝手が良いですよね。

「まぁ~珍しいですね、女性なのにこんなのが好きなんですか?^^」
これはきっと、店主最大限の褒め言葉ですね(^^)
男性が言えばイヤミに聞こえるかも知れませんが、女性店主の言葉なので。

ちゃちゃさん~ありがとうございます。
買う時は、結構というか、かなりの高台重視です^^
一つ前の小皿は茶碗の高台そのものですよ!
カセたのものは、なかなか使いづらいですよね~すぐ黒くなってしまうし、焼酎(殺菌効果が高い)がいいと聞いたので試してますが反応はまだまだですw
それに比べこちらは使いやすいです。

desafinadoさん、店主最大限の褒め言葉ですか~
うのみにして、喜びますよ(^^)
男性からもよく言われてますけど、褒め言葉として受け取りましょう!w

間違いなく市ノ瀬、ですな。

明日からもろもろ、よろしくお願いします!

しっかりガッシリが市ノ瀬なんですね!明日から、じゃなくて今日から、よろしくお願いします。

Moneyさん、ありがとうございます。
くらいけさん、市ノ瀬間違にいないようですね。
こちらこそ、宜しくおねがいいたします。

では、今から佐賀県に行ってきます~

目跡漆ですか!
目跡を漆で塗ってあるのですか?
それとも目跡も梨地に?

画像ではわかりにくいので、
ご教授ください。

がらん堂さん、こんばんは。
目跡を漆で塗ってます!透明漆がやや黄色っぽく変化してるみたいです
それと、梨地は縁の修理箇所です~ぶつぶつ(斑点)が梨の肌と似てるから梨地っていうのだと思います。拡大してみると、ちいさな点々がみえますよ^^

竜田揚げ ( October 5, 2010 1:10 PM ) 返信

はじめてメールします。素敵な唐津をお持ちですね。私も唐津が大好きです。「はじめての骨董屋さん」という題名のブログを拝見しました。そこはもしかして、お店の名前がひらがなのお店ですか?

竜田揚げさん、はじめまして。お店の名前は「まんさく」です。
名前を思い出せず・・・検索して調べました(笑)

竜田揚げ ( October 8, 2010 8:35 AM ) 返信

あ~・・・やはり、まんさくさんですか。まんさくさんも、素敵な唐津ばかりですよね。また、ご主人様と奥様に会いたくなりました。唐津そのものも面白いですが、唐津にまつわるお話を伺うのもとても楽しいですよね。

ご存知なんですね~。わたしは3度お伺いしたのみで、ご主人にはお目にかかっていません。お茶の稽古の帰りに寄ると、行きやすかったのですが、その稽古も休業中でお伺いする機会が少なくなってしましました。
そういえば、面白い絵の陶片などもありましたね。

Post a Comment

カテゴリ
最近のブログ記事
アーカイブ

↑