うつわやブログ

  • /

January 8, 2008 10:44 PM

三人の男

いったい、この男達は何をしているのでしょうか?

3man.jpg

伊万里の陶片
径 6.9cm 横 6.5cm

中央の大男、なにやら肩からかついで、腰に何かをぶら下げています。
この腕の大きさから想像すると、かなりの力持ちのようです。

右の男は、腰に刀をさした武士のようです。
大男の怪力がすごいのか、仰け反るように見あげています。

左は?いったい何者?子供!?

こちらも初期伊万里といってもよさそうな陶片ですね。
多分、有田あたりの窯のもの。

有田地方の古窯では、同じ窯で磁器と陶器が焼かれており
土モノに対して"唐津"と呼ばれ
磁器モノは"伊万里"と呼ばれています。
多少時代の前後はあるかもしれませんが
同じ窯で焼かれたものが、伊万里と唐津、って違う地方の名前で呼ばれるは、
よく考えるとおかしな気もします。(笑い)

磁器類を伊万里港から輸送していたからそう呼ばれているのだろうと思ってましたが
最近聞いた話によると、伊万里港からは絵唐津などもだしていたようで
大まかな見た目で、唐津と伊万里に分類されているようですね。

Trackback (0)

Trackback URL: http://www.utuwa-ya.jp/mt/mt-tb.cgi/2678

Post a Comment

カテゴリ
最近のブログ記事
アーカイブ

↑