うつわやブログ

  • /

February 29, 2008 7:06 PM

心霊スポット?

昨日は唐津に行ってきました。

過去何度となく通った道に、今までは全く気づきませんでしたが
"おまん塚"という看板がありました。

omantuka02.jpg

波多氏の重宝を預かる女中であったお万さんの塚(墓)のようです。
看板には、「番町皿屋敷のお菊は、お万の伝説から作られたといわれる・・・・」
この塚にはお万さんの遺骨と共に岸岳唐津(↑看板の絵参照)が埋葬されいたようですね。

お万さんは、この墓のなかで岸岳系斑皮鯨皿(↑看板の絵参照)を
一枚、二枚~・・・と数えていたのでしょうか。

この看板のすぐ上には塚があります。

omantuka01.jpg

しかし、実際に塚があった場所は現在の道路下で、石のみ道路上に移動したらしいです。

"お万塚"の資料がないかと検索してみますと
心霊スポットと書かれてるのみ・・・

埋葬されていたこれらのやきものは、格調高くとても丁寧な作りでした。

Trackback (0)

Trackback URL: http://www.utuwa-ya.jp/mt/mt-tb.cgi/2699

Comments (4)
なんもり ( March 1, 2008 12:32 PM ) 返信

研究会お疲れ様でした。
副葬品の斑唐津は上品で丁寧な作りで素晴らしかったですね。
黒唐津のお茶碗で一服いただけなかったのが残念でした(;_;)

なんもりさんもお疲れさまでした~拝見させていただけてよかったです!

前日からお茶が呑めるようにと茶籠に茶碗と茶入れ、茶杓を用意して、後はお抹茶(ちゃんと篩ってました)と茶洗を入れるだけだったのですが・・・
朝から来客があり骨董で遊んでましら、抹茶入れるの忘れてしまいました^^;

歌舞伎の皿屋敷だと「高麗の皿」とあるのみで、小道具の皿を見ても青っぽいので、高麗青磁のイメージなのかもしれません。

四月亭さん、ありがとうございます!
考えなしに、つい斑の皿を数えてる姿を想像していました。
(悲しくもあり、ちょっと数えてみたい願望もあり)
「高麗の皿」でしたか~貴重な高麗青磁、なるほどです。
上がりのいい高麗青磁、数えられるぐらい欲しいですね^^

Post a Comment

カテゴリ
最近のブログ記事
アーカイブ

↑