うつわやブログ

  • /

May 27, 2008 9:54 PM

ヘラ切りの高台

ものをよく見ているつもりでも、人から教えられ初めて気づく事があります。

李朝陶磁の高台には糸切りの跡がないという事をお聞きしました。
思わず「え~うそでしょ~」というぐらい信じられません。

herakirikoudai01.jpg

李朝堅手 箆(ヘラ)切高台

現在、白磁の盃などとして用いられる底に削りがされていないものにも、よくみうけられるヘラで切った跡です。

herakirikoudai02.jpg

口径 約10cm

本当に糸切りでは無く、全てがヘラで切っているのか?と疑問をもち、手近にある朝鮮陶磁を調べましたが、はっきりと分かる糸切り跡はありませんでした。

もし、朝鮮陶磁(李朝期まで)のなかに、糸切りの跡の残る高台がありましたらお教えください。

本当に無いのか・・・

5月31日 追記

今日、ちょっと美術商宅に立ち寄りまして、朝鮮陶磁のなかに、糸切り高台があるのかお聞きしましたら...
「数は少ないが李朝分院にある!」と言われました。
「無い方がおかしい」とも。

どーも、コレはあるようですね。しがしながら、より確かなものにする為に、もしありましたら是非ともお知らせください。

過去に使った画像ですが、分かりやすいので使いまわしします。

koudai003.jpg

「や」の高台(古高取)にははっきりと糸で切った線が残っていますが、他の李朝陶磁高台には糸切の線がありません。※使いまわし画像ですので"な"(古上野) と"く"(古唐津)は李朝ではありません。

本当に糸(紐状)で切らずにヘラで切ったのだったら、九州陶磁にみられる高台を糸で切るという方法は瀬戸美濃から入ってきたのだろうか・・・

それとは逆に唐津にヘラで切ってる(一枚目画像のような)高台はあるのだろか?今まで見た記憶がありません。もしありましたら、こちらもお知らせください。


5月31日 追記

ということで、こちらもあると考え、無い方がおかしいと考えたほうが妥当かもしてませんね。

Trackback (0)

Trackback URL: http://www.utuwa-ya.jp/mt/mt-tb.cgi/2374

Comments (5)
ちゃちゃ ( May 28, 2008 10:11 PM ) 返信

私が現在持っている、又は過去に持っていた李朝ものは、記憶にある限り、皆、箆切り高台です。箆で引っ掻いた跡はあっても、糸の跡は無いようです。…あっ、そう言えば、ロクロからもぎ取ったようなのもありましたが…。横着っ!

ぼくも気がつかなかったですが、たしかに糸きりというのは…。
なにかつかめましたご報告くださいませ。

骨董好きの大多数が広台フェチだと思います。

こうなったら戒名も高台院なんていいかなぁ…なんて考えてます。

ちゃちゃさん、情報ありがとうございます!
やはり糸の跡は無いのでしょうね~
横着なのも、なかなかの魅力ですよね(笑)

四月亭さん、作ってみて分かった事がありましたので、明日にでもご報告します。
高台って、その器の真実の姿が伺えるようで骨董好きなら誰しもですね。
”戒名の高台院”をみて思わず吹き出してしまいました(笑)
仏壇を前にしても笑いを我慢できる自信はありません。

ぶいぶい ( May 30, 2008 6:39 AM ) 返信

改めて見ると李朝の高台も結構違いますね~
うちの子もまた違いますが(笑)

新発見のご報告楽しみにしています♪

李朝や唐津の高台って、全く同じものを探す方が難しいですよね(笑)

新発見というほどの事じゃありませんが、後ほどUPいたします。

Post a Comment

カテゴリ
最近のブログ記事
アーカイブ

↑