うつわやブログ

  • /

July 12, 2008 7:13 PM

直しにだした小皿

直しにだした小皿が先週できあがりました。

karatunonaosi01.jpg

市ノ瀬高麗神窯らしき小皿 口径12.5cm 高さ3.5cm

修理前→http://www.utuwa-ya.jp/blog/2008/05/post-294.html
お任せで修理をお願いし、出来上がりは、銀?角度によっては金にもみえますが、器となじんだ落ち着いた仕上がりとなり、みごとに使えるものになりました。

karatunonaosi02.jpg

この小溝窯の小皿は使っているうちに、金が剥げて下地のパテが現われ、味気ない姿となったとなったので、ついでに塗りなおしをお願いしました。

karatunonaosi03.jpg

karatunonaosi04.jpg

金修理がすれて剥げた時には、下地の赤漆などがちらっとのぞくのが理想なんですが、
修理代をケチってるから、無理はいえません・・・

Trackback (0)

Trackback URL: http://www.utuwa-ya.jp/mt/mt-tb.cgi/2751

Comments (2)

>金修理がすれて剥げた時には、下地の赤漆などがちらっとのぞくのが理想なんですが

そうです、あれが色っぽい。

ちらっとが色っぽいですよね~
ですぎるとうっとうしくなりそうですし。
剥げた下からパテがでてくると、がっかりでしたよ。

Post a Comment

カテゴリ
最近のブログ記事
アーカイブ

↑