うつわやブログ

  • /

December 28, 2008 10:36 PM

大宰府の観光

従姉妹が遊びにきてるので、大宰府に案内を・・・。
時間がある時は、ほぼ同じコースを辿っています。

20081228dazaifumyoukouji03.jpg

今回は、残念ながら博物館がお休みでしたので、まずは参道から苔寺へ・・・

20081228dazaifumyoukouji02.jpg

室内から庭を覗き

20081229dazaifumyoukouji01.jpg

縁側からも庭を眺める。

明光禅寺には、宋時代、李朝時代の茶碗も展示しています。

木目が浮きでた板を足で感じながら

20081228dazaifumyoukouji04.jpg

廊下を渡り

20081228dazaifumyoukouji05.jpg

ここからも庭を眺める

今は葉が落ちておりますが、春の新緑も美しく、紅葉もとても美しい庭です。
http://jp.youtube.com/watch?v=y3ZjypQIZPc

自然庵にて昼食。食後に茶室を見学し

dazaifuumenohana06.jpg

天満宮に行くと、大道芸があっていたので、しばし見物。

20081228dazaifutenmanguu07.jpg

猿回しを見る


http://jp.youtube.com/watch?v=DEWZ6AvOQBQ&feature=related

それから、おみくじをひき、おみくじに書かれた官公の歌をよむ。
http://www.youtube.com/watch?v=zfG5g5Ro8dU

車で観世音寺に・・・
http://www.youtube.com/watch?v=S_Cp-j_6zaw

dazaifukanzenonj09.jpg 20081228dazaifukanzenonji08.jpg

金網ごしに日本最古といわれる梵鐘を見る

観音様にご挨拶をし、宝蔵へ

20081228dazaifukanzenonj10.jpg

メインの仏像を見る。

この空間にひしめき合う巨大な仏像に圧倒されながら、観光案内を終了となります。

Trackback (0)

Trackback URL: http://www.utuwa-ya.jp/mt/mt-tb.cgi/2809

Comments (5)

道真公も聴いたと言われる梵鐘の音は、鐘が老朽化していることから、
現在では大晦日など特別な時にしか聴くことが出来ませんが、
私達が先人から受け継ぎ、後世に遺すべき遺産があることは誇りに思います。

>この空間にひしめき合う巨大な仏像…
宝蔵に一歩入って驚くのは、仏像の大きさは固より、決して狭い空間では
ないのに満員のエレベーターのような圧迫感を感じることです。
ある意味、日本的なのかもしれませんが、仏様がちょっとかわいそうで…(笑)

大宰府と言えば、梅ヶ枝餅は戴かれましたか。出来立てが一番美味しいですね。

梵鐘の音色を一度は聞いてみたいと思いながらも、何時もみるばかりで・・・

満員のエレベーターの例え、ぴったりですね。
室内をのぞいた瞬間、毎回「うぉ~」と声を上げたくなります。
間近でみれるこの距離感も好きですよ。

梅ヶ枝餅は毎回かかさず買います。「やすたけ」か「きくち」が美味しいと聞き、その2件のどちらかです。今回は「きくち」で。包装のビニールが以前と変わり厚手になって、もちが蒸れすぎてたような・・・(笑)

新納工房等よくやったなぁ~と思います。
結構修復うまいです。全盛期地方佛の力を感じ圧倒されます。
麻生グループ・九州土建連合のために「九州国博」(なんじゃこりゃ)造るよりも、観世音寺・戒壇院等の修復して欲しいです。
でかい展示公共物つくるなら博多湾ゴミ埋立地がよろしかろう。
金婚式おめでとうございます。

先日、梅ヶ枝餅を戴きたくて、ネットでレシピを探して自作しました。
真面目な性格からか、几帳面に作ったので結構美味しく出来ました(笑)
新年を迎えましたら、また作ってみたいと思います。

本年は御ブログを通しまして、うつわやさんには色々とお世話になりました。
来年もよろしくお願い致します。

Buhiさん、環境のよい状態での保存を考えたからでしょうか・・・
十一面観音に馬頭観音、何度見ても圧倒されますね。大黒さまもよい佇まいです。
観世音寺のよいところをのこしつつ上手く修復されるとよいですね。
>金婚式おめでとうございます。
それは、私じゃなくて、リンク先の方に・・・。

西家庵さん、梅ヶ枝餅を自作ですか~素晴らしいです!
焼き加減や甘さなど好みに出来、しかも焼きたて、いいですね~

いろいろと用事をしてたら、いつの間にか新年を迎えました。
こちらこそ、視野が広がっており感謝しております。本年も宜しくお願い致します。

新年のご挨拶は、また改めまして・・・。

Post a Comment

カテゴリ
最近のブログ記事
アーカイブ

↑