うつわやブログ

  • /

May 5, 2009 10:21 PM

皿飾り・・・

そういえば、今日は端午の節句なので、兜飾り・・・

20090505yoshinomoto03.jpg

と、いうより、阿波踊りの笠?

冗談はさておき、ご質問の続きを・・・

ご質問いただいた内容は
「良く使い込まれた古唐津の盃やぐい呑などで艶々に輝いている器類を見ますが、これは普通に使い込めばああなるのですか? (俗に言う「トロトロ」って感じです) 良くお酒を飲ませる(お酒で磨く)ようなことを見聞きしますが 抹茶でのみの使用での茶碗はああはならないのでしょうか?」

お酒を呑めない私が言うのも説得力に欠けますが、 お酒でも、抹茶だけでもなり得ると思います。 それと、もう一つは"手ずれ"によるものかもしれません。
仏像や石像なども、人から撫でられるところだけが艶々になってたり、
(参照→http://portal.nifty.com/2009/05/27/a/)
登山道近くにある木なんかも人の手が触り滑々になってる箇所を見かけたことがあり、 古唐津には、これに近いような手ずれ感というか愛着の跡らしきものがあるように感じています。

20090505yoshinomoto01.jpg

平戸系小皿 口径11.5~13.5cm 高さ1.7~4.3cm
乾燥した状態

最近たまたま目にした記事には、こう書かれておりました。

骨董って、ただみるだけじゃだめなの。自分のお金をだして買って、手元に置いて使ってみなければわからない。当たり前のようだけど、手に持った時の感覚とか、口に当てた感じとかが、とっても大事なのよ。それは、ほんと男女の仲みたい。撫でたり、さすったり、まるで恋人を愛するように五感で付き合って楽しむんです。

20090505yoshinomoto02.jpg

水分を含むと色が少し変わる・・・。

このように骨董との付き合い方も人それぞれいろいろあるようです。
自己流な骨董との付き合い方などありましたら是非に。

追伸:皆様からいただくメールを楽しく拝見しております。しかし、私には骨董の鑑定はできません・・・m(__)m。

Trackback (0)

Trackback URL: http://www.utuwa-ya.jp/mt/mt-tb.cgi/2846

Comments (3)

私が持っている、李朝初期の白磁杯、3年間、毎日仏様に水を上げていますが、水だけでも最近少しずつ艶がでてきました。水だけでも、毎日洗って拭いているとつやがでてきますよ。
私は骨董を買うときは、なるべくかせてないやつを買っていますが(皆さんそうでしょうが)、かせてないものなら、使っているうちに必ず艶がでてくるようです。といっても、何年かかかるやつもありますが。

四月亭 ( May 7, 2009 1:19 PM ) 返信

阿波踊りの笠というより、陣笠としてお見立てすれば、結構なお飾りかと存じます。

酒器はお湯だけでも、ある程度は育ちます。

私の知り合いで、買ってきた酒器は、すぐに甲類焼酎で煮る方がいます。(日本酒じゃもったいなからだそうです)いつぞや自然釉美しい山盃を手に入れ、一晩おいたら、見事に無地の山盃になっていたとう例もございます。(これ硬貨でこすってみるといいのですが)

お嬢さんに聞くと
「五感で付き合って楽しむんです」
と言っていたおばさんも、けっこうお茶に付けたりしてたみたいですね(笑)

いまはないから言えますが銀座の某道具屋さんは、お客がいないと、発掘物の徳利、盃なんか、お酒につけて…象牙や木工品なんか鼻の脂つけて…。
一日四合呑む酒仙の骨董屋さんは昼から商売物の盃でぐびぐび…。(まだ生きてますので具体的には…)

骨董界の通人を自称する某氏は、まろやかさが出るには…と牛乳に蜂蜜で煮込んだりするそうですが、そんなことしたら、生臭くて、つぎから使えません。

お茶碗は、お茶人からすると噴飯ものでしょうが、お茶だけじゃなく、ミルクでも紅茶でもコーヒーでも…朝のごはん、呑んだあとのお茶漬け…これで一年すれば、まず自分のものになります。ぼくはこうして一年こき使います。

では酒器はどうしているかという、それは企業秘密です(笑)

wadaさん、経験が語る貴重なご意見ありがとうございます。
私もできるだけカセが少ないものを選ぶようにしてますが、妥協して買ってしまった場合は、使う時に汚れないよう神経を使ってます。
それと、かせたものでも耐水ペーパーで磨くとかさつきがとれると、最近お聞きしました。


四月亭さん、この皿は陣笠として飾ります!

自然釉美しい山盃が一夜にして無地の山盃になるとは、焼酎効果は凄いものがありますね~。

>けっこうお茶に付けたりしてたみたいですね(笑)
そうなんですか~もう何を信じたらよいのか・・・(笑)

某道具屋さんや骨董屋さんのそれは、お仕事のうちなんでしょうね(笑)

いや~骨董との付き合い方も驚くほどいろいろとあるものなんですね。
企業秘密は聞かないことにしときます(笑)

Post a Comment

カテゴリ
最近のブログ記事
アーカイブ

↑