うつわやブログ

  • /

June 28, 2010 12:46 AM

木彫りの牡丹

先日、オークションをみてたら、この木彫が目に止まり、これが皿型に見えてしかたがなく・・・買ってしまった。

20100627botan01.jpg

彫が深く、とても美しい線の木彫。漆らしきものが塗られた跡もあり、長年装飾として使われていたのでしょう。

まえに、九州国立博物館に古伊万里を見に行った時、ヨーロッパの宮殿で、古伊万里を飾り立てた部屋があり、人形の頭にも古伊万里の鉢(帽子?)がのせられていたのを見て驚いた事がありました。17 ~18世紀には、ヨーロッパの王侯貴族の間で、「シノワズリ」と呼ばれる東洋趣味が流行したらしく、皿や壷も使うためでなく、装飾として壁一面を隙間なく埋め尽くしていたようです。

20100627botan02.jpg

しかし、これは使えるお皿にならないかと・・・

20100627botan03.jpg

とりあえず、粘土で、型を写してみました。

Trackback (0)

Trackback URL: http://www.utuwa-ya.jp/mt/mt-tb.cgi/2969

Comments (4)

楽しみにしてます。

そういっていただけると、頑張りたくなります。

流石、ナイスなクリエイティヴィティ!

そういっていただけると、嬉しくなります。

しかし、凹凸が・・・お皿にした場合、花より、背景のほうがでてるので、努力なくして簡単にはできそうにないですね(笑)

Post a Comment

カテゴリ
最近のブログ記事
アーカイブ

↑