うつわやブログ

  • /

June 19, 2011 5:29 PM

研究会、波佐見と武雄

昨日は久しぶりの研究会に参加。10時に波佐見「陶芸の館」に集合。

20110618001sekainokama.jpg

「陶芸の館」隣接する、世界の窯
(エジプトの窯だったと思う)

いろいろと拝見し、移動し、学習でき、とても充実した1日でした。

20110618002kama.jpg

畑ノ原窯跡にて

まず最初に資料館にて、波佐見焼の陶片を拝見。

20110618003hiekoba.jpg

稗木場の陶片を拝見する
(1590~1610年代)

斑にも様々な発色がみられる。土は白く細かいものが多い。目跡は胎土目。皿などの食器類は全体的に丁寧な作り。それに対し、壷や甕などの土は赤く、叩き跡は確認できるものの、作りはおおざっぱな印象。

20110618004kosaraya.jpg

古皿屋(ふるさらや)窯の陶片
(1610~1630年代)

溝縁皿の発色も様々。薄作りなものが多く、高台の削りも丁寧で堅い印象。目跡は砂目。

他に、畑ノ原(写真と同手の溝縁皿、染付、白磁)立石(三股青磁)木場山窯(陰刻青磁)の陶片も拝見する。

それから移動し窯跡を見学。

20110618005kama.jpg

畑ノ原窯跡
(1610~1630年代)

ここの窯は古窯跡の上に窯の一部をそのまま修復し、現在も地元の小学生などの学習で焼成が行われているとのお話で、ちょっと羨ましい!上から2枚目の写真が窯跡上部。中間位置はガラスで覆われ、皿やトチン(窯道具)などが確認できる。

ここで、時間は12時!昼食の為「陶芸の館」へ

20110618006ranchi.jpg

韓国料理をいただく

薬膳粥などのメニューにもひかれながら、予約してもらってたランチは優しさと愛情も感じられる美味しいものだった!また行きたい。

20110618007kama2.jpg

智恵治窯見学・・・窯の中は生活できそうなくらい広い空間がある。大きな窯だった。
(19世紀後半~1950年代)

20110618008genryou.jpg

原料採掘場所も見学

20110618009nakao.jpg

中尾上登窯(33室全長160m)を遠くから見学
(1640年代~1929年代)くらわんかやコンプラ瓶などが焼かれていた。

波佐見はここで終了。一旦「陶芸の館」へ。

20110618009tougeinokayata.jpg

世界の窯を見学。

武雄へ移動し、窯跡へ。

20110618010kamaato01.jpg

庭木、土井木原窯、白木原窯(1640年代~1650年頃)
二彩唐津系統を焼いていた窯らしい

20110618011uchino.jpg

内の山

20110618013yumino.jpg

弓野

201106180112ookusasno.jpg

大草野

ちょっとまだもの足りないので、武雄系で代表的な窯を・・・

201106180114oyamaji.jpg

小山路(内田皿屋)!

まとめメモ

波佐見「大村藩」 主に東南アジアに輸出する(1650年代~) 磁器、青磁など。
1680年代~1860年代 国内向けのくらわんか碗、皿などを製作。

武雄系の窯は、他の窯が磁器の生産に移り変わってゆく中、刷毛目などを使った三島唐津や二彩唐津の甕などの生産をする。「蓮池藩」にあたるらしい・・・鍋島藩(支藩として蓮池藩、小城藩、鹿島藩)
波佐見も武雄も、初期の窯で焼かれたものは古唐津(松浦系)とよく似ており、見分け難いと思った。

余談
地元のやきものを愛する蒐集家から、お話をお聞きする「昔、飯洞のぐい呑みなんかも持ってたんですけどね、そんなのは処分して弓野(二彩唐津)の甕などは残したんですよ・・・」って、それっておかしいでしょ、って突っこみをいれたくなった。
しかし、弓野の甕のほうに強い思い入れがあるようだった。
私のほうが毒されているかもししれない・・・

Trackback (0)

Trackback URL: http://www.utuwa-ya.jp/mt/mt-tb.cgi/3058

Comments (2)

ついこのあいだ伺った場所が多かったので何度も何度も読み返しました。稗木場の斑、確認出来て良かったっす<現場での陶片は確認出来なかった>。綺麗ですね〜。

研究会の皆が雨中をものともせず「目を皿にしている」のがうかがえて思わず笑ってしまいました。

畑の原はまた行きたい古窯跡の一つです。

わたしもこの時、斑が見れて嬉しかったです。
大川原の斑に似てるように思えました。

>研究会の皆が雨中をものともせず「目を皿にしている」のがうかがえて思わず笑
ってしまいました。

柳の木に蛙が飛びつこうとしてる・・・ように見えなくてよかったです。
離れて見ると、妙な集団ですね(笑)

畑の原に、お弁当とか、お茶セット、もっていくとまた楽しそうです!
その時の茶碗は”くらわんか”でしょうね~。

Post a Comment

カテゴリ
最近のブログ記事
アーカイブ

↑