うつわやブログ

  • /

July 6, 2011 10:24 PM

再度挑戦

以前、この鉢におうどんを入れて食べると、カビ臭くて食べれなかったので、鉢を煮沸してよく乾燥させてみた。

20110706mizusashi01.jpg

今度はラーメンを入れてみる。

かび臭さも消えて、美味しく食べれた。

大阪東洋陶磁で「浅川兄弟の心と眼」を見たときに、白磁の筒茶碗があり、この鉢と緑ががった釉薬などが似たように思え、使い込むとあのような感じになればいいなぁと思う。

20110706mizusashi02.jpg

いつかは水指としてつかう日がくるのだろうか・・・

20110706mizusashi03.jpg

この土は白い(白磁の筒茶碗の土は赤かった)

あの時みた筒茶碗とは、やはり違うような気もしてくる・・・。

7月7日:追記

図録より、写真を追加します。

20110706mizusashi04.jpg

「浅川兄弟の心と眼-朝鮮時代の美」展示会図録より

釉調はよく似ていると思う。記載されてるように形は長次郎のようでもあり。唐津にも似ている。

カタログの写真を撮ってたら、ちょっと似た感じの陶片が横にあったのでついでに撮影。

20110706mizusashi05.jpg

飯洞甕窯 陶片

李朝と唐津、改めて強いつながりを感じる・・・


7月8日:追記
余談ですが、「浅川兄弟の心と眼-朝鮮時代の美」で"酔胡"をみてよく似た口作の徳利だと思ってしまった。照明のせいか白く見えた・・・もしかして使われなくなって白くなったのだろうか?ちょっと気になる。

20110822.jpg

にゅう麺も入れてみる。

Trackback (0)

Trackback URL: http://www.utuwa-ya.jp/mt/mt-tb.cgi/3063

Comments (2)

おっしゃるとおり、強いつながりを感じますね〜。そろそろ唐津に行きたくなってきました(笑)。

もう唐津に行きたくなる時期ですかね(笑)
明日、唐津(旧唐津銀行)の公開シンポジュウム「百済の工芸と土器文化の精華」に行ってまいります!

Post a Comment

カテゴリ
最近のブログ記事
アーカイブ

↑