うつわやブログ

  • /

January 9, 2012 12:47 AM

時の流れが止まった町

時計を修理にだし再び動きはじめた。

20120108clock01.jpg

大理石の置時計

部屋が静かになると、コツ・コツ・コツ・・・と時間を刻む音が響いてくる。
ここちよく、ウトウトして眠気をさそう・・・。

年末に腕時計のベルトの交換を頼まれたので、久しぶりに近くの時計店に行ってみた。

20120108clock02.jpg

時の流れが止まったように、なにも変わってない店内。奥のほうからのぞいてる置時計を見て、同じタイプをもっていたのを思い出し、修理してもらう事にし、後日、時計をもって言った時、 いろいろ奥のほうから同じようなタイプをだしてくれた。40年前ぐらいの値段だろうか、底にマジックで2000円と書かれている。そういえば、8年前ヤフオクにこの置時計を出品して、入札のないまま手元に残ったのを思い出した。今となっては不要の産物かもしれない。毎日ネジを巻かないと止まってしまう、手のかかるわりに時間のズレもある。

20120108clock03.jpg

たまには時間の流れが止まった中に入り込むのも居心地がよいと思いながらも・・・この町に住んでて、新しいものを受け入れられなくなると、本当にそこで止まってしまいそうな気もしてくる。

Trackback (0)

Trackback URL: http://www.utuwa-ya.jp/mt/mt-tb.cgi/3113

Post a Comment

カテゴリ
最近のブログ記事
アーカイブ

↑