うつわやブログ

  • /

October 4, 2012 6:56 PM

皿屋敷の桃小皿

今日も皿の枚数を指折り数える。

20121004sarayashiki01.jpg

桃の小皿が1枚、2枚、3枚、4枚、5枚、6枚、、、、、

20121004sarayashiki02.jpg

底にヤスリをかけ終えた小皿は、200枚。

手は離せないけど、耳は空いてるので、パソコンでドキュメンタリー番組を聴きながら梱包・・・

NHKオンデマンドをいろいろと・・・"シルクロード"の旅に驚き、"コズミックフロント驚異の大宇宙~アポロ13号"に感動し、"街道をゆく~湖西のみち・韓のくに紀行"に涙してしまいながらも、皿を数える・・・

20121004sarayashiki03.jpg

50枚、60枚、70枚・・・

「街道をゆく」で沙也可の子孫が移り住む村がまるで日本の農村風景のようで、梱包の手を休め、見入ってしまう。

20121004sarayashiki04.jpg

「街道をゆく」より、韓国の倭人の村

沙也可 ウィキペディアより

 沙也可(さやか、1571年? - 1643年?)は、文禄・慶長の役の際、加藤清正の配下として朝鮮に渡ったが、投降して朝鮮軍に加わり、火縄銃の技術を伝えて日本軍と戦ったとされる人物。朝鮮では金忠善(キム・チュンソン、ハングル表記:김충선)の名で知られている。韓国においては英雄扱いされているが、その活躍の実態は不明な点も多い。


20121004sarayashiki05.jpg

数日かけて桃小皿の500枚の梱包を終えた。

次は菊小皿が、1枚、2枚、、、また数えはじめる。

Trackback (0)

Trackback URL: http://www.utuwa-ya.jp/mt/mt-tb.cgi/3182

Post a Comment

カテゴリ
最近のブログ記事
アーカイブ

↑