うつわやブログ

  • /

April 21, 2013 11:23 PM

第46回 高取焼陶器まつり

お知らせが遅くなりましたが金曜から陶器まつりです。
今回は、先日牛窓でお料理に使用した器も展示販売します。

201300420takatori01.jpg

うつわの天日干し

4月26日(金)~29日(月) 朝9時から、5時半ごろまで。

福岡県直方市永満寺~内ヶ磯にて
永満寺窯 (電話0949-22-2279)
内ヶ磯窯 (電話0949-26-1114)
高取焼き工房末吉宏光 (電話0949-24-6500)
期間中は協賛窯元として畑公民館にいます。「直方いこいの村」の近くです。

一度使用した器を販売することに抵抗を感じながらも、陶器まつりで説明し、お客さまの納得の上なら問題もないと思って 持って行く事にしました。

お料理の写真も添えて展示しようかなぁ・・・

201300420takatori02.jpg

白磁平鉢に菜の花豆腐

201300420takatori03.jpg

呉器茶碗にスズキの葛煮

201300420takatori04.jpg

三島平皿に飯だこと黄ニラご飯

201300420takatori05.jpg

堅手塩笥碗によもぎ羹 小豆 苺ソース

お料理の詳細は菊池さんのブログへ→http://toukasho.exblog.jp/18580504/


この前のクラフト展で気付いたことがありました。
誰も高台を見ていない!高台を見てる人は、陶人か唐津好き、1割に満たなかった・・・ そういえば、高台を気にするのは古陶か茶陶かぐらい。独立して間もない頃、ギャラリーに営業に行くと「高台に拘りすぎる、食器に高台は関係がない」とまで言われたこともあった。

作品づくりよりも、土をつくるほうが手間もかかり時間もとられる。それが全て高台に凝縮されて現れると思う。

201300420takatori06.jpg

灰釉茶碗の高台

201300420takatori07.jpg

呉器茶碗の高台

201300420takatori08.jpg

三島平皿の高台

器によって異なる高台は、みてて楽しいと思います。是非、高台もご覧ください~

高台のススメ→高台学会さん~http://blog.goo.ne.jp/menouroko

Trackback (0)

Trackback URL: http://www.utuwa-ya.jp/mt/mt-tb.cgi/3221

Comments (7)

私も骨董から入ったので、高台に一番魅力を感じます。後は、全体の姿、持った時の重さ、口を付けた時の感じ、使いやすさ、他にお茶碗だと、見込みに宇宙があるといいですね。(写真のクレジットで、呉器が誤器に誤っています、、、)

やはり、高台なんですよね~。まず手に取って、それから見るところは高台ですよね。
”見込の宇宙”このあたりも最近なんとなく意識しはじめました。深く広く果てしなく広がるような・・・井戸もかなり深いですよね。
(ありがとうございます!誤記w訂正しときます・・・)

高台学会のHP、自分もよく拝見しています。
主宰の深沢さん、バッハ好きのなかなか芯の通った方で、描写の表現がとても面白いです。
古陶磁ファンは勿論、作陶する立場からも、土と釉を見るのに高台を見ずしてなんぼのものぞ、という実用的な話もありますね。

高台学会さん、いつか機会がありましたらお伺いしたいですね~。
写真もいいのですが実物を!買えればもっといいのですが・・・

それは全く同感です!!!

まずは、貯金をはじめましょう・・・

それも、まったく同感です。。。。(トーンダウン)

Post a Comment

カテゴリ
最近のブログ記事
アーカイブ

↑