うつわやブログ

  • /

February 13, 2015 11:54 PM

唐津の共修理

一見、目立たないけど・・・よーく観てると色や表面に違和感を感じる箇所がある。

20150211karatsunosyuuri01.jpg

絵唐津向付(多分、内田皿屋窯)

20150211karatsunosyuuri02.jpg

矢印の箇所に修理が施されている。

しっかりみると、ちゃんと見えてくる、唐津の共修理。

確認のためブラックライトで見てもらうと、思ってた1か所が修理されていただけだった。

20150211karatsunosyuuri03.jpg

修理個所ではないところに、何故か釉薬を剥ぎ取ったような跡?・・・

20150211karatsunosyuuri04.jpg

これくらいの修理だったら、全く気にならないし、問題ない!

昔の修理は見た目で確認できるけど、今の技術で施される修理は、肉眼でもブラックライトでもわからないらしい・・・九陶の研究会の時にお聞きしたら、鍋島は修理に数百万かけるとか、そのへんまでいけば、全く縁のない別世界の出来事のような気もする。

Trackback (0)

Trackback URL: http://www.utuwa-ya.jp/mt/mt-tb.cgi/3337

Comments (2)

良い向付ですねぇ〜。
うらやま。

でしょ~奇跡的な買い物でしたよ♪

Post a Comment

カテゴリ
最近のブログ記事
アーカイブ

↑