うつわやブログ

  • /

May 31, 2015 9:31 PM

面白い人たち

先日門司で食事会があり、その帰りに有光先生のとこにお伺いした。
「炎芸術 122―特集:高麗茶碗の古典と現代」に私の製作した茶碗が掲載されたので、そのご報告もかねて、久しぶりに訪ねてみた・・・・・

20150531omoshiroihito01.jpg

下の広っぱに数年前1頭だったヤギが・・・8頭ぐらいに増えてた

有光先生とやきもの談・・・先生は話し始めると、段々と熱くなり、幅も広がり面白くなる!「唐津は盛ってこそ生きる!見込みの鏡のバランスもものを入れやすように作られている。それが鍋島や色絵と違うところや!」この説明も分かりやすく、納得する。先生が最近作られた井戸系の片口を拝見し、「いい高台ですね~ここのとこの土色もいいですね~、これは凄い!」と言うと、「ほな、やるで、使ってみなさい」と言ってくださった!
本当に変やで~高台を見て、釉薬の縮れがいいとか、土色がどうのって、変やと思うけど、やっぱりいいなぁ~(笑)久しぶりの会話だった。

昨日は、マダガスカルで仕事をしてた同級生が地元に帰って来てて、近くで何人か集まって物産を販売してるのというので、ちょっと覗きに行ってみた。

コーヒーが250円で販売してたので、飲んでみると、香りがよくさっぱりとして美味しい♪七輪に竹炭を使い、地元の水を沸かし、布フィルターに、無農薬栽培のコーヒーという拘りだった。名刺をもらってみると「月3万円暮らしでハッピー半農半スロービジネスという生き方・・・」お話を聞いてもとても面白い!赤村という地域であれば、十分暮らせると思った。
普段は和菓子をつくり、保存食を作ってる人や、自然農法の野菜。農場レストランを経営してる人。いろいろお話していくうちに、この町にも、明るい光が感じられた。今までは人が少なくなり寂れていく一方だと思っていたので、嬉しかった。

20150531omoshiroihito02.jpg

タイ風カレー

このカレーも、圧力鍋で玄米を炊いており、ココナッツ風味でとても美味しい!

20150531omoshiroihito03.jpg

門司のヤギ

会う人、会う人、安全で安心な食に拘りをもつ人たちで、個性豊かでとても面白い出会いとなった。

Trackback (0)

Trackback URL: http://www.utuwa-ya.jp/mt/mt-tb.cgi/3352

Post a Comment

カテゴリ
最近のブログ記事
アーカイブ

↑